「精神科看護師 転職」の記事一覧

精神科看護師から公務員看護師に転職

公務員看護師 看護師2年目で転職 精神科看護師 転職

富山県 富山市 KNさんの看護師2年目で転職 体験談

看護師資格は全日制の学校もあれば、定時制の学校もある。

私は定時制の看護学校に行き、看護助手として働きながら看護師の資格取得を目指し、看護師免許を取得後も、そのままその職場で2年間勤めていた。

その職場は開放30床、閉鎖病棟30床が併設している精神病院。
勤務場所は閉鎖病棟で、入院患者は10年も20年も入院している慢性期患者がほとんど。

また急性期の精神疾患の入院はほぼなく、慢性期でしかも高齢者の患者の療養の世話がメインの仕事である。

精神病院なので妄想幻聴に支配され、精神状態が不安定な患者から食器を投げつけられる事や大声で暴言を言われるなどの精神科特有の経験や、精神疾患患者との距離の取り方、向精神薬のことなど学ぶことはできる。

ただ身体合併症として、高血圧、糖尿病、脳梗塞の既往などを患ってはいるものの、急変することは少なく、急変に立ち会うことは少ない。
さらに家族と疎遠な方も患者も多く、延命処置を行うこともないに等しい。

正直、看護師免許を取得したのにこのまま、臨床の知や看護師としての技術やアセスメント力を高められないと感じたのが、精神科の看護師を辞めたいと思ったきっかけである。

現在は転職して公的病院に勤めている。総合病院であり、呼吸器や循環器など内科系や消化器外科やICUなど、多岐に渡って学べると思い転職した。
求人はホームページで募集を確認して、電話して申し込みの手順を確認して応募した。

仕事内容は急性期の入院があり、定時に帰ることは少ない。ただ看護師配置が多いため他スタッフと協力し合いながら業務できるのは、何かと心強く楽しい。

公的病院なので、組合活動も活発で、ワークライフバランスの一貫として、リフレッシュ休暇や誕生日休暇など年休取得に積極的なことや、そもそも土日が休みとして、勤務が組まれるので、休みの数も増えた。

毎日必死ではあるがやりがいもあり、勤務環境も良く転職してよかったと感じている。

精神科病棟から内科看護師に転職

看護師4年目以上で転職 精神科看護師 転職

静岡県富士市 NKさんの看護師5年目転職 体験談

転職する以前に働いていたのは私の市と、となりの市に一つづつ病院を持ち、駅前に同じく一つづつの外来診療所を持つ公益社団法人でした。

私はそこで精神科の看護師として長期入院患者さんの病棟の担当をしておりました。

給料は入社5年目にヒラから主任に昇格して基本給が20万円ほどでした。

仕事自体はそんなに忙しいということもなく、ただ患者さんのお話をきいたり、食事の案内をしたり、時間になったらお薬を飲んでいただいたりと、ごく普通でした。

そして日誌をパソコンに、担当の患者さん3人ぐらいについて、その日どういった行動をしていたか、言動はどうだったか、その他気づいたことなどを入力して終わりです。

緊急の入院があったりすると、帰りは少し遅くなり、普段は17時30分ぐらいに帰るのですが、19時ぐらいになってしまい、ダンナに子供たちのお迎えを頼むということになってしまっていました。

ダンナが昇進して昇給し、それほど私もがつがつと稼ぐ必要もなくなったので、精神科の看護師を辞めたい、転職したいと思いました。

いろいろと転職先を探し転職サイトにも登録しましたが結局、看護学校時代の同級生の紹介で自宅から徒歩で10分ぐらいの内科の診療所に転職しました。

今まで精神科で働いていたので、具合の悪い患者さんを見ると、私自身が私自身の精神の安定を維持できなくなりそうになることもありました。しかし、内科の場合は、基本的には「こころ」ではなく「身体」の病気なので、やるべきことがハッキリしています。

精神科の患者さんに対しては、常に自分自身が正気でしっかりしていなくちゃいけなかったのですが、まずこのプレッシャーから解放されることができました。これが一番大きいですね。

そのこと、つまりは自分自身が精神的にきつくなるということを、精神科で働いていたときは、気づきもしませんでした。初めての職場でしたので。なので自分自身の心の健康のためにも転職してよかったと思っています。

ページの先頭へ